スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSDvsHDD検証@TERAクライアント

数日ぶりに日記を更新したいと思います。

昨日はTERA FINAL DAYに参加するために、人生初の秋葉原に行ってきました。
残念ながら抽選のPCや360日チケットは当たりませんでしたが、
イベント自体はとても楽しめました!

さて、今日はTERAをプレイする環境について
以前から何度か書かせていただいているSSDとHDDについて追記したいと思います。

まず私が使っているPCスペックは下記になります。
CPU: Core i7 2600K
CPUFAN: グランド鎌クロス SCKC-2000
MEM: A-DATA AX3U1600GC4G9-2G 4GBx2
MB: ASUS P8P67 EVO Rev 3.0
VGA: MSI N560GTX-Ti Hawk [PCIExp 1GB]
SSD: Crucial m4 CT128M4SSD2
HDD: WD5000AAKX [500GB SATA600 7200]
Sound: CREATIVE PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium SB-XFT
ODD: IO-DATA DVR-S7260LEBK
CASE: CM 690 II Plus RC-692-KKN1
Power: Corsair CMPSU-750HX
OS: Microsoft WIndows7 Home Edition 64bit

また、今回検証の際に立ち上げているソフトウェアは
・Skype
・Internet Explorer8
・FireFox5.01
・SOICHA AIR
・VeriSign Identity Protection Access
の5つになります。

今回の計測は下記のランチャーのスタートを押すのと同時に
作成したキャラクターが表示されるまでの時間を計測しています。

ランチャー起動計測スタート


■HDD所要時間
1:42.3 sec
2:45.5 sec
3:41.2 sec

■SSD所要時間
1:34.2 sec
2:33.6 sec
3:37.2 sec

結果から言えば確かに立ち上げの段階ではとても速いのですが、
体感で言うとそんなに変わらず、
サーバー選択からキャラクターを選ぶ場合も全くわからないぐらいです。

実際にゲームでプレイしているときにマップからマップの切り替えで
果たしてどれぐらい変わるかはわかりませんが、
恐らくそこまでかわらないかもしれません。

個人的なおススメという内容になりますが、
もし2万円掛けてSSDを購入してプレイ環境を改善するのであれば
その2万円はグラボにかけるのがいい気がします。

もちろんメモリが4GBの方や32bit使ってる人は
まずはOSの変更とメモリの増設を強くおススメします。

私の使用状況だとTERAを起動している状態で
CPUの使用率10%~15%
メモリ3.65GBが使われています。
※TERAの設定は全て最大にしています

FireFoxの特性から起動しているとどんどんメモリを食うため、
Firefoxを終了させればある程度メモリが増えますが
街の中などの負荷がかかる場所の場合だと32bitは多分クライアント落ちると思います。

CBTの際に使っていたPCでは
キャラクター作成を押したときにすごい重かったり、
ヴェリカの街の中ではエラー落ちしたりすることがありましたが、
ひとまず一瞬で画面が今は切り替わっています。

SSDの購入を検討されている方で
何かご質問がある方はお気軽にツイッターなどでご連絡ください。
専門家などではないので、詳細はわかりませんが、
使用感などはお話しできると思います。
スポンサーサイト

theme : TERA -The Exiled Realm of Arborea-
genre : オンラインゲーム

スクエニのThe Last Remnantのベンチマークを試す

先ほどのFF14のベンチマークに続いて、
TERAの公式掲示板で発見したスクエニのThe Last Remnantのベンチマークを試してみました。

remnant_spec

【非常に快適】 90fps以上
・各種グラフィック設定を最高にしても非常に快適な動作が見込めます。

【快適】 65fps以上
・各種グラフィック設定を高めに設定しても、快適な動作が見込めます。

【普通】 45fps以上
・各種グラフィック設定が標準であれば、ストレスのない動作が見込めます。
ただし、処理負荷の多くかかるシーンなどでは、やや動作が重くなることが予想されます。

【やや重い】 35fps未満
・各種グラフィック設定を調整することで、ゲームをプレイすることは可能ですが、
様々な場面で動作にストレスを感じる可能性があります。

【重い】 25fps未満
・残念ながら、動作に必要な性能を満たしておりません。ゲームの進行自体が困難であると予想されます。

temnant_hdd_1920

他のブログや掲示板では同等のスペックが必要などと記載されていましたが、
実際にはTERAの方が遙かにSPECを要求されると思います。

実際TERA公式サイトに記載されている必要スペックは開発途中のもので、
CBTの時点で必要動作環境だけでなく、推奨動作環境以上であっても
完全に快適にプレイすることは困難なスペックになっています。

少なくともメモリが1.5GBで動くとは思えないですね。

下記が現在TERA公式サイトに記載されている動作環境です。

  必要動作環境 推奨動作環境

CPU

AMD Athlon64 3200+以上
Intel Pentium 4 3.20GHz
AMD Athlon 64 X2 6000+以上
Intel Core2 Duo E6750 @2.66GHz

メモリ

2GB以上

グラフィックカード

Radeon X1600XT以上
GeForce 7600GT
Radeon HD 3870以上
Geforce 8800GT

HDDの空き容量

フォルダダウンロード時:30GB以上
DVDインストール時:60GB以上
※インストール時に一時的に必要になる作業用容量も含みます

対応OS

日本語版 Windows XP(SP3)/Windows Vista(SP1)/Windows 7

DirectX

DirectX 9.0c以上

theme : TERA -The Exiled Realm of Arborea-
genre : オンラインゲーム

ベンチマークSSDとHDD比較

先ほどの日記で記載したHDDとSSDの比較になります。
■HDD HIGH
HDD HIGH

■HDD LOW
HDD LOW


■SSD HIGH
SSD HIGH


■SSD LOW
SSD HIGH

サムネだと比較しにくいと思うので
ベンチ結果だけ一覧にします。

■HDD Score Load Time
HIGH 4414 12013ms
LOW 6290 10435ms

■SSD Score Load Time
HIGH 4389 10484ms
LOW 6212 10403ms

毎回若干の差がありますが、大体似たり寄ったりな結果になります。
今回は何故かHDDのHIGHの場合にLoadTimeが非常に高くなりましたが
以前にやった時は他と変わりませんでした。

結論からいってやはり人間が違いを体感できるような差がなさそうです。

因みにFF14の公式サイトによると

【8000~】 非常に快適
非常に快適に動作すると思われます。お好みの設定でお楽しみください。
【5500~7999】 とても快適
とても快適な動作が見込めます。描画クオリティを高めに設定しても、とても快適に動作すると思われます。
【4500~5499】 快適
快適な動作が見込めます。描画クオリティを高めにしても快適に動作すると思われます。
【3000~4499】 やや快適
標準的な動作が見込めます。余裕が有れば描画クオリティの調整をお勧めいたします。
【2500~2999】 普通
標準的な動作が見込めます。
【2000~2499】 やや重い
ゲームプレイは可能ですが、処理負荷によっては動作が重くなりますので、その場合はコンフィグにて調整する事をお勧めいたします。
【1500~1999】 重い
ゲームプレイは可能ですが、全体的に動作が重く感じられます。コンフィグで調整をした場合でも、あまり改善は見込めません。
【1500 未満】 動作困難
動作に必要な性能を満たしていません。


正直、GTX580を積んだところで、ベンチマークのスコアでHIGHだと5000いけるかどうかではないでしょうか?
FF14はプレイしてないのでわかりませんが、ベンチマークではHIGHでも固まったり、
読み込みに時間がかかったりすることもなく、ヌルヌルしてます。

theme : TERA -The Exiled Realm of Arborea-
genre : オンラインゲーム

TERAプレイ環境考察

-----カテゴリで後から記事を探しやすくするために記事を分割してみました。-----

さて、少し日記が開いてしまいましたが、
前回の日記でPC構成について書こうと思っていたので、
TERAのプレイ環境用に自作PCの構築を考えてみたいと思います。

※価格はショップやその時により違うので気を付けてください。
※円高が進んでいることもあり、メモリーなどの価格が下記を調べた時よりかなり下がっているようです。

■自作PC構成その1
CPU: Core i7 2600K ¥25,980
CPUFAN: グランド鎌クロス SCKC-2000 ¥2,863
MEM: A-DATA AX3U1600GC4G9-2G [DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組] ¥5,469
MB: ASUS P8P67 EVO Rev 3.0 ¥15,480
VGA: MSI N560GTX-Ti Hawk [PCIExp 1GB] ¥24,638
SSD: Crucial m4 CT128M4SSD2 ¥18,967
HDD: WD5000AAKX [500GB SATA600 7200] ¥3,239
Sound: CREATIVE PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium SB-XFT ¥10,305
ODD: IO-DATA DVR-S7260LEBK ¥2,980
CASE: CM 690 II Plus RC-692-KKN1 ¥11,440
Power: Corsair CMPSU-750HX ¥13,248
OS: Microsoft WIndows7 Home Edition 64bit ¥9,980
合計 ¥144,589

■自作PC構成その2
CPU: Core i7 2500K 17699
CPUFAN: グランド鎌クロス SCKC-2000 ¥2,863
MEM: A-DATA AX3U1600GC4G9-2G [DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組] ¥5,469
MB: ASRock P67Pro3 9940
VGA: MSI N560GTX-Ti Hawk [PCIExp 1GB] ¥24,638
SSD: N/A
HDD: WD5000AAKX [500GB SATA600 7200] ¥3,239
Sound: N/A
ODD: IO-DATA DVR-S7260LEBK ¥2,980
CASE: CM 690 II Plus RC-692-KKN1 ¥11,440
Power: Corsair CMPSU-750HX ¥13,248
OS: Microsoft WIndows7 Home Edition 64bit ¥9,980
合計 ¥101,496

SSDとHDDに関してですが、
実際に僕がSSDの環境なので、個人的な感想とテストを行った結果を書きたいと思います。

まず、SSDの寿命が気になり、導入を躊躇っている方、
普通に使っていたら恐らく最新のSSDなら5,6年は問題なく使えると思います。
※エンコードとか毎日やってない人

そして、ゲームをインストールしてヌルヌル動かしたい方、
人間が体感できるほどゲームのローディングに変化ありません。
WindowsをSSDに入れることにより、起動30秒以下、シャットダウン5秒以下とかなり早いですが、
ゲームは基本的に一度読みこんでしまうとHDDやSSDからの読み込みはそこまで量が多くなく、
それよりもサーバーとの通信に時間が掛かるため、体感できるほどの違いはないと思います。

実際にFF14のベンチマークでテストを行いましたが、
SSD直下に設置し、起動したベンチマークの結果と
HDD直下に設置し、起動したベンチマークの結果は全く一緒となりました。


今度上記の内容の検証のために、SSDでの結果とHDDでの結果のSSを取ってみます。

上記の事から、SSDをゲーム用と特別にする必要性はないかなと感じています。
もしかするとゲームによっては全く違う結果が出る場合もあると思うので、
この辺はあくまでFF14のベンチマークの結果だと思ってください。

TERA開始に向けてPCを新しく購入しようと思ってる方や
パーツの入れ替えを検討している方は是非参考にしてみてください。

theme : TERA -The Exiled Realm of Arborea-
genre : オンラインゲーム

プロフィール

コナ

Author:コナ
サーバー:ヴェリック鯖(予定)
職業:プリースト(1st)

主にTERAを中心とした内容になります。
Twitter: @legacy923
Skype: VC可(IDは個別で)

最新記事
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。